FUJITA-KIKAKU
トップページへ 
 皆さんは、青森にいらしたことがありますか?青森は、手付かずの自然が残る、美しい所です。一面に広がる睡蓮の池や、真っ赤に色づくリンゴ畑。
 燃えるような紅葉、リンゴと桜が同時に花開くお花見の名所など、四季折々、息を呑む美しさ。それが青森です。
フジタ企画トップページへ
気仙沼トップページへ]
お問い合わせフォーム
おすすめリンク
GET FLASH PLAYER !
最新プラグインが必要
 
青森大特集!


青森県三沢市 古牧温泉青森屋

左:きれいなお庭が自慢です。
右:お食事はバイキング。郷土料理がずらりと並びます。満足の一言に尽きます。


八戸で仕事を終え、次の仕事場所は下北半島、大畑。一路北へと向かったのですが、最悪です。三沢近くになったとき雪がひどく、前が見えません。どうしょう・・・。

ここで一晩過ごし、明日、明るくなればなんとかなるだろうということになったのですが、さてどこに泊まればいいのか・・・。車をコンビニの駐車場に停めて、携帯電話で検索開始です。なかなか見つかりません。土地勘もないので、正にお手上げ状態です。コンビニの方にお尋ねしてはどうか・・・そう思いサークルKへ入り、女性の店員さんに聞きました。「近くに古牧温泉青森屋というところがあります」ということでした。「空いているか、料金なども聞いて見てください。」ということでした。

早速電話してみました。空いている、ということなので料金を確認し、とにかく向かうことにしました。丁寧な地図を書いていただきました。雪はどんどん吹き荒れ、猛烈な吹雪となってしまいました。車をゆっくりと進めながら、そして、やっとの思い出で到着です。丁寧にご案内いただきましたサークルケイの店員様ありがとうございました。

到着してみてびっくりです。大きな、立派なホテルが、三沢駅に隣接してありました。実に立派な綺麗なホテルです。あまりの立派さにびっくりです。それからはこのホテルの素晴らしさに感動しっぱなしでした。

夕食はバイキングでした。

「お母さんの晩御飯」をテーマにし、青森県産の食材を使っての80種類の料理とデザートが堪能できました。お酒はさすがに青森です。日本酒40種類が勢ぞろいしていました。一角には郷土料理の数々が用意されていました。全国に誇る料理とお酒の数々が勢ぞろいです。(「ぬくもり亭」のバイキングはとてもグーでした。)

露天風呂

露天風呂「浮湯」は庭園に囲まれた池の中に浮いているようでした。風と滝の音を聞きながらの開放感はもうたまりません。正に癒しの世界です。青森三大祭「青森ねぶた」「弘前ねぶた」「八戸三社大祭」には是非お泊りください、とのことでした。

朝食のバイキング

洋食も和食も良し、でした。でも年のせいか・・・納豆に味噌汁、焼き卵、のりそして、お粥さん、・・・お粥さんの上に梅干を二つ乗せて・・・これで良し。まさにご馳走です。でも野菜サラダとトマトをためしに取って食べてみましたら、これが美味しく、筑前煮、ごぼう和え・・・と、どんどん広がって行きました。テーブルにはいつの間にか皿の山が出来てしまいました。



豪華な郷土料理バイキングをいただきました!

最後のデザートは青森県産りんごでしょう。これも皿いっぱいにもって全部食べてしまいました。りんごは蜜がいっぱいで最高の美味しさです。甘さと酸味、そして香りは絶品です。自然の恵みを実に見事に料理された数々は本当にご馳走様でした。ありがとうございました。


 ↑廊下は広く、サイドには昔の情景が写真、絵で紹介されています。貴重な資料です。木のぬくもりを感じさせる廊下はすべてヒバだそうです。多くの人が歩くことで板が光り始めていました。ヒバは香りもよく、とても綺麗でした。      


前ページにもどる トップページへ

Copyright(C)2003-2004. Fujita Kikaku Corporation. All Right Reserved.
webmaster : mailto info@fujitakikaku.co.jp