FUJITA-KIKAKU
トップページへ 
 日本津々浦々を仕事で回っています。今日は徳島です。
フジタ企画トップページへ
気仙沼トップページへ]
お問い合わせフォーム
おすすめリンク
GET FLASH PLAYER !
最新プラグインが必要
 
徳島、眉山の桜
眉山の桜

一足早くに四国・徳島で桜を見ることが出来ました。四国徳島は瀬戸内海に面し、気候が温暖でとても過ごしやすいところだそうです。正にその通りの、この日は穏やかな快晴の日和でした。眉山はとても有名ですが、その山に桜に会いに行きました。途中ご年配の方が沢山、ゆっくりと桜並木の山道を散歩されている姿にお会いしました。ウォーキングにも、とても良い山なのかもしれません



途中の公園で神社があり、桜が一面に咲き誇っていました。この写真の右下の草むらに黒いものが二個ありますが、これは気持ち良さそうに寝転がる黒ネコちゃんです。気になるのはこの毛並みの良さです。あっちこっちに全く同じ色の綺麗な黒猫がいました。黒猫の群生地、それとも守り神・・・。桜、灯篭、黒猫・・・とてもバランスの取れた美しい光景でした。



道すがら、徳島の町が眼下に広がります。穏やかな初春を味わうことが出来ました。




足元には可愛い紫花菜(花ダイコン)が一生懸命に咲いていました。とても可愛らしく美しいものでした。沢山の花が咲くこの時期は本当に素晴らしい季節です。これから日本全国いろんな花が咲いていくのでしょう。良い季節になります。


蜂須賀家のお城で有名な徳島城は眉山の麓に位置しています。お堀に映し出された石垣がとても綺麗でした。石垣と桜がお堀に、春のおとずれを映し出していました。



徳島といえば阿波踊りが有名ですが、食べるものは「讃岐うどん」・・・ではないのです。ここではなんといっても「たらいうどん」です。絹のような喉ごしに、腰の良さは最高の食感です。お醤油も産地として有名だけでなく、ゆずの本場だけあり、「うどんつゆ」はとても美味しいものでした。驚いたのはそこについている鯖寿司の美味しさでもありました。八戸産でございます。ここでも八戸の鯖が頑張っていました。なんだか嬉しくなりました。見た目の美しさ、味のバランス。このメニュー最高ですよ。

女将さんに聞きました「何故八戸の鯖なんですか。」「それは脂が乗っていて美味しく、この組み合わせに最高に美味しいですから」とのこと。地産池消の考え方を日本全体で考えるともっと幅の広いものになるのではないでしょうか。「素晴らしい組み合わせに乾杯」という気分でした。地産地消の姿を考え直してみましょう。


恒例の記念撮影です・・・。

前ページにもどる トップページへ

Copyright(C)2003-2004. Fujita Kikaku Corporation. All Right Reserved.
webmaster : mailto info@fujitakikaku.co.jp