FUJITA-KIKAKU
トップページへ
トップページに戻る
私たちのしごと [HACCP]
地域の取り組み実績
パブリシティのご案内
会社概要の案内
藤田水産学博士の紹介
よくある質問と回答
資料請求フォーム
お問い合わせフォーム
おすすめリンク
GET FLASH PLAYER !
最新プラグインが必要
 
若い人にお金がない社会。
 そんな日本でよいのでしょうか?
 一番パワーと栄養を必要としている、今若い人々に
 お金がなく、食生活は乱れ続けている


 お父さんとして彼らにできることを考えてみませんか 

こんな時代、こんな食生活で良いのでしょうか

これからの若い人達に何が出来るか、年をとっていくお父さん、考えてみませんか、自分に出来ることを。

水産学博士 藤田八束

若い人が貧しい食事をし、老人が身体に気を付けて最高のものを食べる。

若い人はお金がなく、食事にかけるお金がない。

子供を育ていかなければいけないのに。

老人はお金がある。自分だけに使える。

老後の健康にお金がかけられる。

この生活を支えているのは現在の若者達。おかしな世の中です。

何ともならないのでしょうか。

若者に将来の希望を持ってもらうために私達老人は何が出来るのでしょうか。1つでも考え実行できたら、少しずつですが良くなるかもしれません。

それにしてもおかしな世の中です。これから身体を使い、頭を使い大人になって行く子供達。稼がなければならない若者に十分な栄養豊かな食品が食べられない。こんな日本でいいのでしょうか。

食品会社の多くの社長さんにお会いし、こんな話をしています。もし私に出来るとしたら、この記事を読んで「出来るだけいいものを食べたい、でもお金が」と思う人いましたら連絡ください。たいした事は出来ませんが。子供のために、家族のために良い食品を社長さんたちにお願いして予算内で送ってもらいましょう。そんなお願いしてみます。食べるものはとても大切です。健康な身体、脳の発育、いろんなパワーの源になっています。まずは良い物を食べておかないと。知恵を使って、厳しいこの時代を生き抜き、そして楽しい人生に挑戦していきましょう。このままで良いもの食べていないと、年を取った時に身体に貯金がなく不健康になったりします。賢く生きていきましょう。例えばさんまという魚がありますが、料理の仕方では美味しく、しかも骨まで柔らかく食べることが出来おいしいものもありますよ。知っておくといいと思いますが皆さんこんなことも知っていますか。栄養的には完璧なものです。調理済みの、さんまを食べてみるのも賢い食生活の改善の始まりかもしれません。

相談はFAXでください。

FAX(0798−52−0773) 有限会社フジタ企画 藤田八束宛としてください。

前ページにもどる トップページへ

Copyright(C)2003-2004. Fujita Kikaku Corporation. All Right Reserved.
webmaster : mailto info@fujitakikaku.co.jp