FUJITA-KIKAKU
トップページへ 
私の妻が丹精込めて育てている、我が家の庭を大公開!
フジタ企画トップページへ
気仙沼トップページへ]
お問い合わせフォーム
おすすめリンク
GET FLASH PLAYER !
最新プラグインが必要
 
癒しの空間、我が家の庭

我が家の庭と花々

        庭の花たちに癒されています・・・
 我が家の庭をご紹介します!

 

家内の創る庭の花々は色合いがとても良い。綺麗です。一つ一つの花も綺麗ですが、花壇としてみるととても素敵です。沢山の花壇、公園の花、博物館、図書館、・・・・花園は確かに春ともなると一斉に開花する。その色も実にいろいろです。それなりにとても綺麗です。その一つ一つは精一杯にその美しさを競っているようでも感じられます。しかし、この美しい色も一つの花壇として見た時にその配色で感じ方、美しさの表現が、がらりと変わっていくのに気が付きました。立派な庭園にそれぞれの花がいっぱいに咲いています。とてもそれぞれは綺麗なのですが、花壇として見た時になんでこの花とこの植物と、この花・・・ということもあります。実際に自分でやってみるとそれに気がつきます。なかなか難しいものです。綺麗なバラの花でもそれだけでも美しいのですが、さりげなく別の花が、植物が添えて植えてあると一段とその美しさが際立って輝いて見えることがあります。


・・・となんだかんだ言っていますが、私が植えると今一つ冴えません。花に対する愛情が足らないという人がいます。植物は、花はそれなりに応えてくれると花の好きな人は言いますが、私も好きなんですが・・・。どうも今一つです。一方的に好きなだけでは駄目でしょうか。花達からも好きになってもらわないといけないのかもしれません。どうやら、ここのところに私の問題点が有るように思います。もっぱら家内の植えた花々を一方的に楽しんでいる日々です。

しかし花たちは、本当に綺麗に輝いて癒してくれます。私の出来ることは虫やカビにやられないように・・そして、水をたまにあげるくらいです。申し訳ないというところです。


以前シジュウカラが孵った巣箱です!!

仕事から帰ると庭に咲いた花たちに癒される今日このごろです。この配色の良さにはびっくりします。梅雨前のさわやかな庭は最高の季節になっています。

家内が大切にしている我が家の庭の一部をご紹介します。




平成21年6月14日

藤田八束

     


前ページにもどる トップページへ

Copyright(C)2003-2004. Fujita Kikaku Corporation. All Right Reserved.
webmaster : mailto info@fujitakikaku.co.jp