FUJITA-KIKAKU
トップページへ
トップページ
私たちのしごと
パブリシティのご案内
会社概要の案内
藤田水産学博士の紹介
健康と食べ物サロン
地域HACCP 資料請求
お問い合わせフォーム
通信販売法に基づく表示
プライバシーポリシー
GET FLASH PLAYER !
最新プラグインが必要
 
私たちのしごと

◆私たちの取り組んでいること
  地域HACCP導入の指導・支援のパイオニア企業です
 
 

北海道標津町、宮城県気仙沼市では水産食品の安全で安心できる食品の供給基地作りを目的として地域ぐるみである取り組みを行っています。

その取り組みが地域HACCPというシステム作りです。安全で安心できる食品を生産から加工、さらに流通の仕組みを作り、これを守っていこうというものです。

私とスタッフは、安全で安心できる食品に、高品質と健康を添えて、消費者にお届けできる食品の供給基地づくりに指導的な立場で協力しています。

こうした取り組みが自然環境を守り、地域における活性化につながっていくことを目標としています。

素敵な地球、そこには 美しい山々、蒼く広がる海 があります。
この素晴らしい地球環境と正面から向き合い健康で幸福な生活を送りたいものです。

 

 
 
▼HACCP(ハサップ)
  Hazard Analysis Critical Control Point(ハザード・アナリシス・クリティカル・コントロール・ポイント)の頭文字で「危害分析・重要管理点」という意味。最終製品の検査だけをする従来の衛生管理システムと異なり、加工の過程を重視することが徹底されている。
▼地域HACCP
  ハサップを地域産業に反映させて、独自の管理基準を確立させたシステム。北海道の標津町が世界で初めて作り上げた。加工過程以外にも、漁、市場、運送の段階にも管理システムを登用。サケ、ホタテそしてイクラの他に、それらの加工品で実施している。
 
 
前ページにもどる トップページへ

Copyright(C)2003-2004. Fujita Kikaku Corporation. All Right Reserved.
webmaster : mailto info@fujitakikaku.co.jp