平成19年7月に、母校北海道大学で講演会を行いました。
その夜は、学生さんも一緒に函館駅近くの炉ばた「函館山」へ。
忘れられないひと時となりました。
FUJITA-KIKAKU
トップページへ
トップページに戻る
私たちのしごと [HACCP]
地域の取り組み実績
パブリシティのご案内
会社概要の案内
藤田水産学博士の紹介
よくある質問と回答
資料請求フォーム
お問い合わせフォーム
おすすめリンク
GET FLASH PLAYER !
最新プラグインが必要
    
  
 
◆なつかしの母校「北海道大学」

わが母校へ帰ってきました

北海道大学水産学部に、随分久しぶりの里帰りでした。
関西空港を立ち、函館へ、空港を降りてタクシーで水産学部へ・・・学校が近くなるにつれて、段々とあのころの若き時代に帰って行く自分にとても喜びを感じました。やっぱり学校は良いですね。多くの若者、そして、懐かしい先生達・・・。帰えることのできる学校がここにあることにとても感謝いたします。諸先生方にもお会いし、近況をお話しすることが出来ました。何よりも嬉しかったことは「元気でやっています。」この一言が先生方にとってはとても嬉しい、といっていただけたことでした。特に、吉水守先生と笠井久絵先生(大学院水産科学研究院海洋応用生命科学部門海洋生物工学分野海洋生物防疫学研究室)には多くのことをご指導いただきました。心よりお礼と感謝を申しあげます。

 

写真左から大学院の藤田君、笠井先生、博士課程の清水さんありがとうございました。本当に楽しいお話が沢山出来ました。真ん中の写真は函館の活魚炉ばた「函館山」のスタッフの方々とともに、右は三慶グループの四方さんと一緒に。


JR函館駅から徒歩10分
活魚炉ばた「函館山」

夜になり、やはり忘れられないのが函館の夜景でした。函館の夜景はとても綺麗で、あのころよりも明かりが多く感じられました。「函館の景気がいまひとつ」ということでしたが、この夜景は光り輝いていました。私達もこの光に負けないように頑張らなければと思いました。

夕食は「学生さんたちが良く行くところへ連れて行ってください」と・・・お願いをいたしました。行ったところは「函館山」という居酒屋さんでした。ここの料理かあまりもおいしかったので是非ご紹介をしたいと思い、ここに書かせていただきました。食事の話は人から聞いても分かりません。こんなに分からないことは有りません。ですから、函館に行かれたら是非よってみてください。海の幸が一杯で安い。安くて旨い。イカの足が私の唇に吸い付いちゃいました。とても気持ち良く、そして美味しかったです。あまりにもおいしかったのでお店のスタッフの方を呼んで一緒に写真取らせていただきました。この笑顔ですよ。お腹ぺこぺこにしていってお腹一杯食べられるようにしていかれることをお勧めします。こんなに沢山食べても良いですか・・。ウニも美味しかったです。
住所は

函館市松風町10―15 浅草通り 電話番号0,138―22―7747

月曜日は定休日です。ご注意ください。

平成19719

前ページにもどる トップページへ

Copyright(C)2003-2004. Fujita Kikaku Corporation. All Right Reserved.
webmaster : mailto info@fujitakikaku.co.jp