FUJITA-KIKAKU
トップページへ 
阪急電車の先頭に陣取ってきれいな桜の花を撮影しました。
フジタ企画トップページへ
気仙沼トップページへ]
お問い合わせフォーム
おすすめリンク
GET FLASH PLAYER !
最新プラグインが必要
 
電車と駅、そして桜の美しさ
阪急沿線の桜

今年も、阪急沿線に桜の花が沢山咲きました。関西、梅田から神戸の間には三本の電車が走っています。JR線、阪神電車、阪急電車の3本です。ともに平行して走っています。それぞれに特徴があり、とても綺麗です。中でも山手側を走っている阪急電車はそのあずき色が特有で、とても気品を感じます。その阪急電車の走る沿線は桜の木が多く、この時期とても綺麗です。私はカメラを持って一番前に席を確保しまして、ここから桜を鑑賞させてもらいます。神戸線、宝塚線、今津線、京都線を走るとそれは見事に咲いた桜は圧巻です。

駅と桜、これもいいものです。いつ植えた桜なのでしようか。大木と成長し見事に咲き誇っています。


良い場所にはカメラを持った大勢の方が、素晴らしい瞬間を捉えていました。私も負けまいと思いましたが、あわててシャッターを押すので揺れてしまいます。



駅と桜の写真を取りましたが、やはりそこに電車が入りますと又違った良さが出てくることに気づきました。踏み切りも良いですね。一つ一つを捕らえていくうちに、全体の風景画春の素晴らしさを演出しているように思われました。

★夙川へ

次は、宴会たけなわの夙川公園です。ここは関西でも特に有名な桜の名所です。JRでは「夙川さくら駅」と名称したくらいですから、この一帯がいかに桜が素晴らしいかということであります。いつも思うのですが、こうした桜を守るためにも有料化しても良いと私は思います。沢山のごみも出ると思います。このシーズンが終われば土の改良、お礼の肥料も必要でしょうから。当然、管理費も必要でしょう。京都のお寺もいつ行っても綺麗ですが、これも有料化されているからだと思います。素晴らしいものは大切にして次の世代に受け継がなければならないと思います。この桜も40年、50年、それ以上はたっていると思います。種類も「夙川さくら」という特有種もあるとお聞きしました。どの桜かは確認できなかったのが残念です。



★宝塚へ

宝塚沿線
の終着駅には宝塚劇場があります。とてもロマンチックなヨーロッパを思わせるこの建物はとてもおしゃれで素晴らしいです。そして、そこに咲き誇る桜はこの建物と素晴らしい調和があると思います。

 



前ページにもどる トップページへ

Copyright(C)2003-2004. Fujita Kikaku Corporation. All Right Reserved.
webmaster : mailto info@fujitakikaku.co.jp