FUJITA-KIKAKU
トップページへ
トップページに戻る
私たちのしごと [HACCP]
地域の取り組み実績
パブリシティのご案内
会社概要の案内
藤田水産学博士の紹介
よくある質問と回答
資料請求フォーム
お問い合わせフォーム
おすすめリンク
GET FLASH PLAYER !
最新プラグインが必要
 
最高級北海道産イクラお届け

北海道標津産「絶品いくら」は、安心と安全、美味しさに健康を添えてお届けできる最高級品質のいくらです。

 世界遺産に指定された知床連山の伏流水が沸き、注ぎ込む、道東のこの地はアイヌ語で「サケが帰ってくる地」を意味する語「標津(シベツ)」と呼ばれています。昔は、そのほとりにクレソンが群生するほど美しかったという標津川には、毎年たくさんのサケが遡上します。森、川、海、そして動物たちと共に生きてきたこの地の人々は、生活の糧であるサケを敬い、感謝を捧げてきました。江戸の昔には、「献上鮭」として珍重されていたといいます。時代を経て、やがてこの豊かな自然にも変化が起こり始めました。徐々に姿を変えていく森、川、そして海。この地の漁師たちは、森や川を健やかに保ち、いつまでもサケが帰ってきてくれる海を守ることが自分たち人間とこの地に住む全ての生命のために必要で、大切なことだと気づき、様々な取り組みを始めました。

 先祖から受け継いだ美しい海の環境を保つために、自分たち漁師は何をするべきか。最新の機材導入、あらゆる手段が検討されました。しかし「なんとしてでも海を汚染させたくない。」自然の持つ力を信じて、労力がかかる昔ながらの手法で、標津に合う方法を作り上げてきました。水揚げされたサケは大量の氷で守り、温度管理を徹底して鮮度を保ちながらしかし卵が冷えすぎないギリギリのラインを見極めて最高の品質、安全でおいしいサケの生産に成功したのです。

 漁師が始めたこの取り組みはやがて加工業者、流通業者への協力へと広がり、町全体、地域を挙げての取り組みへと発展しました。サケの生産から加工まで、HACCP方式を導入し、より安全でおいしい製品を消費者に届けるシステムを創り上げました。これが世界で初めてのシステム創り「標津町地域HACCP」です。

今回皆様にご提供させていただく製品は、たくさんの人々の思いのこもった地域HACCPシステムで安全においしく創り上げられた「いくら」です。すでにご存知のようにいくらは鮭の卵を原料としますが、この「いくら」を皆様にお届けするまでに、随所にこだわりの、職人の技が隠されています。

サケは、産卵のために標津の海に帰ってきます。早く標津にたどり着いたサケもいれば、遅いサケもいます。すべてが均一、というわけではありません。しかし、サケの遡上時期を河口で確認し、調整することでなるべく卵の大きさや状態を揃えます。もちろん、産卵時期だけではなく、鮭それぞれの状態によって卵の状態も変わってきます。その「卵の状態」が「いくら」に加工した場合の美味しさに大きく影響するのです。漁師の手と目で「このサケ」と決めて選ばれた絶品鮭が、熟練技師の手作業で「絶品いくら」へと加工されるのです。一言でいくらと言っても、その加工工程には、気の遠くなるほどの気配りと熟練の技が要求される、ということは意外に知られていないのです。

いくらには栄養成分的にもとても貴重なものを多く含んでいることが最近の研究でも次々と明らかにされています。特に絶品の標津産いくらは宝石のように朱色に輝いていますがこの成分こそがアスタキサンチンと呼ばれている抗酸化成分です。今注目のアンチエイジング成分です。また、EPAとDHAは生活習慣病の予防に多くの効果があることが世界的規模で研究が進み明らかにされています。卵膜はコラーゲンで包まれています。この膜は口の中で溶けるほどの品質です。宝石の様に輝く北海道標津産絶品いくらは最高級の品質を誇ります。

町を上げての安全安心の食品創り、自然環境を守る運動、そんな環境の中での、一貫した鮮度管理、漁場・時期の厳選、それに最高の加工技術が絶品いくらを見事に創り上げました。

今回、厳選素材の絶品いくら限定100個を皆様にご提供させていただきます。

北海道神の子池にて。

前ページにもどる トップページへ

Copyright(C)2003-2004. Fujita Kikaku Corporation. All Right Reserved.
webmaster : mailto info@fujitakikaku.co.jp