佐々木料理長とわたし
 若旦那の内海さん(写真左)はとても男前、この笑顔が良い、ゑびす振舞の看板でもあると見ていますがいかがでしょうか。よく私達おじさん組にも相手をしてくれ、美味しい料理を選抜し勧めてくれます。これが実に適切で季節感があり、美味しくてうれしい限りです。この配慮がたまりません。この料理を準備してくれる料理長がいいですね。気さくなこの性格で、楽しい雰囲気を作ってくれます。店は満員の毎日です。行かれるときは出来たら予約されておいた方がいいと思います。
 調理場のスタッフは大忙しい毎日をてきぱきと実に感じの良いお店です。

(写真下↓あんこうの肝和え。友人と乾杯です)

気仙沼で鹿児島の焼酎。おいしいわ!
 四季折々の刺身は論外に旨いのですが、マンボウの刺身、「もうかの星」が特に旨い!これは季節が限定されますが、なかなかのお味でございます。「もうかの星」は毛鹿サメの心臓の刺身です。これは気仙沼でないと食べられません。とても美味しいし、元気が出そうな食材です。マンボウは出されたときは一寸可哀想と思いましたが・・・・酢味噌で食べるとこれがこりこりとして実に美味しいのです。それからやみつきに。
「マンボウ君ごめんなさい」・・・・でも夏場に限定のお刺身料理です。フカヒレ料理はあえて紹介することもないでしょう。なんといってもフカヒレ世界一の気仙沼ですから。
 ちなみにここではフカヒレを丼にして出してくれます。絶品です。
気仙沼は全国でも十本の指に数えられる漁獲高を誇り、この地は陸中海岸国立公園の中にあり実に美しい山と海に恵まれた風光明媚な港町です。今回はこの港に揚る新鮮な素材を使って、料理人の腕が冴えに冴えわたるお店をご紹介します。
ろばた ゑびす振舞」なんと素晴らしい、縁起の良いお店の名前と思いませんか。一日の仕事が終え、一番の楽しい憩いのひと時、リラックスさせてくれる場所が欲しいものです。ここはまさにそんな場所。遠くから仕事に来る私にはこうした場所は嬉しいものです。予算内で珍しくておいしい数々のお料理を出してほしいという超わがままに応えてくれるのがこのお店。
陸中海岸国立公園の中にあるまち、気仙沼。環境問題への取組みでも意識の高い気仙沼。このまち気仙沼のすてきな人々と暮らしをご紹介します。
FUJITA-KIKAKU
トップページへ
フジタ企画トップページへ
気仙沼トップページへ]
お問い合わせフォーム
おすすめリンク
GET FLASH PLAYER !
最新プラグインが必要
 
◆森と海は恋人。そのキューピットは気仙沼の人々。そんなすてきな気仙沼の人々の暮らしとまちの様子をご紹介します。

宮城県気仙沼市「ろばたゑびす振舞」

宮城県気仙沼市魚市場前3-15  電話番号:0226-23-8155
ゑびす振舞の由来(お店のお箸の説明書きから)

えびす振舞というのは、航海ごとに恵比須漁があがるための御礼と、その漁期が上首尾に終わる、乗務員の苦労と強力をねぎらうため、船元(船頭宅)で振舞うお祝いのことです。

           






























前ページにもどる トップページへ

Copyright(C)2003-2004. Fujita Kikaku Corporation. All Right Reserved.
webmaster : mailto info@fujitakikaku.co.jp