FUJITA-KIKAKU
トップページへ 
気仙沼が今にわかに注目を浴びています。
フジタ企画トップページへ
気仙沼トップページへ]
お問い合わせフォーム
おすすめリンク
GET FLASH PLAYER !
最新プラグインが必要
 
港町、気仙沼にて
港町 気仙沼

 
気仙沼で人気者の「ほーやボーヤ」。サンマの剣、ホタテのベルト、ホヤの鎧。可愛いです。

街のあっちこっちで頑張っています。

春を前にして随分と極端に気候の変動があるものです。今般は気仙沼へ仕事で参りました。少し長い滞在でしたが、いつもお世話になっています気仙沼プラザホテルに滞在することにしました。



ロビーに飾られている港の風景です。
(気仙沼プラザホテルロビーにて、電話番号:0226-23-1313)



今回は、仕事の合間に一日休みを入れて身体を休めることにしました。年をとったせいか、こうした休日が無性に嬉しくなります。ゆっくりと遊覧船に乗って、離れ小島の「椿で有名な大島」まで行こうと計画しましたが、気候は一変、猛吹雪の一日になってしまいました。窓に吹き付ける雪はすさまじく、とても遊覧というものではありませんでした。でもこの猛烈な吹雪は、最高の演出をしてくれました。

一方、このホテルの温泉は昨年の11月に開湯され、できたての温泉です。温泉としては珍しく、塩分を含んでいて、何となく身体が軽く浮いている感じがしてとてもリラックスできます。「浮き湯温泉」だそうです。丘の上に位置するこのホテルの景観は最高です。露天風呂から港の雪景色が広がり、この吹雪の中の露天風呂は北国だけでしか味わえないものでしょう。ありがたいものです。こんな体験もこの猛吹雪が演出をしてくれました。



<丘の上の教会に雪が積もっていました。街は雪に包まれ、綺麗な情景を見せてくれました。



最悪と思ったこの気候のこの一日が、意外な気仙沼の一面を見せてくれました。また一つ思い出が出来ました。春の気候の異変が、とても安らぎのある一日にもなりました。

<吹雪の街を見ながら露天風呂から>


この素晴らしい港町、このホテルを舞台に「土曜ワイド劇場、早春の気仙沼を巡る連続殺人! 究極のカキとフカヒレ」が3月27日に放映されましたが、知っている所だけにとても楽しめました。このホテルを中心に気仙沼の人達の人情がとても伺えました。このホテルはとても素敵なホテルです。私もいつも良くしていただきます。

<窓から眺めた港町気仙沼の夜明け>



気仙沼にて出会ったお雛様。素敵な日本の文化です。


前ページにもどる トップページへ

Copyright(C)2003-2004. Fujita Kikaku Corporation. All Right Reserved.
webmaster : mailto info@fujitakikaku.co.jp