学校・参考書・英文音読・発音記号暗記のコツコツ英語学習から 映画や音楽を使うお楽しみ英会話、留学・海外情報まで。
★文法、リスニング、語威力、 スピーキングなど技能別に  学習方法と教材をご紹介! 英語学習と英会話

技能別学習方法(お奨め教材情報付) 
カセット付・CD付など音声資料付教材がもはや必須。

文法、発音、語彙、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング 技能別学習方法と教材をご紹介します。


トップぺージ
お勧め学習教材情報
英語学習方法あれこれ
英会話便利帳
海外・留学情報
作者のコラム
 その他情報
作者の自己紹介
GET FLASH PLAYER !
最新プラグインが必要

     


文法や発音はリスニングやスピーキングに関係ない?
 
 高校の時の先生が「文法は、英語の歴史や英語を使ってきた人の文化、考え方が背景にあるから
 ものすごく大切だ。」と仰った。

 大学生の時、韓国に研修旅行に行った。

 晋州というところの、一般家庭に放り込まれ、あいさつしかできない韓国語で一週間くらい滞在。
 幸い、案内をしてくれて、その家の大学生のお嬢さんが日本語が上手だったので助かりました。

 お父さんとお母さんとは彼女を介しての会話。それでもとっても暖かい歓迎を受けて居心地が良くて
 ほっとしました。

  最後の夜、私は彼女に頼みました。

  「韓国語で、一番丁寧で、目上の人に失礼でない表現で”お世話になりまして、大変ありがとう
   ございました。お元気でお過ごしください。」ってなんていうのか教えてください。」

  彼女は私にとっては長いフレーズを教えてくれました。
  始めは紙に書いて、彼女の発音を真似して、完全に覚えました。

  次の日、別れ際にお父さんとお母さんにその韓国語を言いました。
  お母さんは滞在中で一番目を細くして喜び、最後の「これからもお元気でお過ごしください。」
  を私と一緒に言ってくれました。
  そしてぎゅっと抱きしめてくれました。

  そのフレーズは、韓国人の別の友人に聞いたところ、「その表現は韓国人に対して最上級に
  丁寧でそれを言われたらどの韓国人も心からうれしいと思うフレーズです。発音も完璧で、外国人
  にそれを言われたら本当にうれしい。」
  とのこと。

 何が言いたかったかというと。

 文法はどうでもいい、発音は悪くてもいい、ということは決して本当ではないということ。
 確かに、文法力はなくても発音が悪くても心がこもっていれば気持ちが通じ合うことはあります。
 しかし、気持ちが通じ合うのはゴールではなく、スタート。
 本当に良い関係を築き上げたければきちんとした表現を使い、正しい文法と丁寧な発音が必要に
 なってきます。どの言葉を選ぶのか、もあなたのセンスと心意気。
文法力を鍛える


 ●中学生用のテキストを購入し、文法の基礎固め+文法用語を確実におさえます。
  教科書準拠のテキストで十分です。
  きれいさっぱり忘れてしまった人は少し時間がかかりますが、大学受験経験がある人なら
  かなり短期間で復習できます。

    エイザーのわかって使える英文法(桐原書店)上・中・初級
    各級とも上・下があります。中学英文法をおさえてある人なら中級以上。

    Understanding and using English grammar(Longman)
    Grammar in Use(Cambridge publishing)CD付
    英語の構文150(美誠社)CDついてます。

エイザーの英文法シリーズは、レベル別に発売されています。
 練習問題が豊富で例文も実践的なものが多いです。
 ケンブリッジのGrammar in useはCDがついていますが、全ての例文が録音されてないの  が残念ですが例文は実践的で楽しいです。
 英語の構文150は、大学受験用の問題集で定番のテキストです。

文法書は和書と洋書どちらが良い?

留学予定アリの人
   洋書を一冊こなしましょう。
   文法用語を英語でおさえておかなくては、授業で何を言っているのかさっぱり
   分かりません。語学留学する人は、事前にどのテキストを使用するのか確認
   しましょう。

 留学予定なしの人
   和書で気に入ったものを見つけて、余力があれば洋書を。無理する必要は
   ありません。
★ただし、洋書の方が例文は実践的です。会話文もいきいきとしていて、実際の
 生活で使えるのは洋書の方。


発音発音練習

●発音の練習はおろそかになりがちですが、きちんとしておかなくてはなりません。
 英会話学校では、講師はあまり発音の間違いを指摘せずなんでも”Good”という傾向があります。
発音を指摘するのは失礼と考えているからです。
注意してもらいたい人は、講師の先生に「発音が変なときは言ってください。」とあらかじめお願いしましょう。

テキストとしては、リスニング目的、文法目的のものなんでも良いのでCDを繰り返し聞いてはっきりと発音する練習を毎日しましょう。

カタカナの振り仮名をうってある教材はあまりお奨めできません。カタカナつきのものを買ってしまうと、カタカナばかりに目がいき、英文にも英語の音にも集中できません。

ちょっと楽しい方法として”Tongue Twister”という練習があります。日本語の早口言葉みたいなものです。インターネットで検索すると素材がたくさん掲載されているのでぜひ遊んでみてください。発音の訓練にもなります。海外のサイトですが参考までに↓http://www.geocities.com/Athens/8136/tonguetwisters.html

教材としては

Targeting pronunciation
洋書ですが私はこれが一番気に入っています。語学学校で薦められました。
ずっとこれを使っています。
アマゾンで購入すると高いですが価値はあります。5000円くらいしました。
図書館に置いてあれば非常にラッキーですね。なお、この出版社はサイトを持っていて、発音の素材も提供しているのでちょっとのぞいてみてください。海外の出版社。サイト↓
http://college.hmco.com/esl/miller/pronunciation/2e/students/activities.html


語彙(単語)力アップ!
「単語覚えるのに音声CD必要ないですよね。」と聞かれるたびに「単語こそCD付を使ってください!」と叫んでいた私。
例えば飛行機の中で、喫茶店で、単語一つだけで相手に伝えようと思えばかなりクリアで
正確なアクセント、音節が必要です。
発音に自信のない人は一番自分が伝えたい単語の前に何かつける

例えば・・・
「コーヒーください」と言いたい時に、"Coffee"だけで伝えられる人は発音がクリアな人。
自信がない人は
”May I have some Coffee, Please?"

文章で言います。Coffeeと言う前に一呼吸置いてください。
聞くほうはそこで全神経集中してあなたの一番いいたい単語を聞いてくれます。

いきなり訳の分からない発音で一言だけ発せられたら誰だって聞き取りにくい。
だから、ひと工夫。

ちょっと話が逸れましたが、単語も音とセットでスペルも覚えてください。
一番良かった方法は昔ながらの

単語帳作成。

地道にカードの表に単語を書いて裏に意味と発音記号。品詞を記入。
そして何回も言いながら書く。これしかない!

 テキストは、リスニングやスピーキングなど手持ちのテキストで出てくる単語を覚えて
 いけばとりあえず良いでしょう。

私は時事英語を覚えるのに
◆ジャパンタイムズ社説集
  を愛用しています。年一度発行されます。見開きで本文と単語が。
  発音記号がないのは残念。音声は速いので中の上級向き。
Walk, Amble, Stroll
   これも語学学校で紹介された、ボキャブラリー・ビルディングの教材。ドメインという、例えば「雨」と一言言っても日本で「霧雨」「小雨」「土砂降り」など色々な表現を学ぶように英語でもrain mist showerなど色々な表現を習得。ものすごーーく良いテキストです。しかし高いです。5000円くらいします。Heinle & Heinle Pub (1992/06)  


スピーキング
             まずスピーキングのコツを

             実際に話をしているときは、
   
   文を途中で切らない。
   完結した一つの文章にして最後まで言い切る。
   相手の顔色を見て途中で切ったらダメ。

 では、教材のご紹介を。さくっといきましょう。

  ★スピーキングとリスニング

     ・ 話すためのリスニング(入門〜上級)スピーキングにも。
     ・  アメリカ口語英語入門〜上級編 スピーキングにも。

      両方とも研究社から出版されています。
     大変良い教材ですが、教本のほうは少し高いのが欠点です。
     しかし、プレゼンテーション、というまとまった説明文とその内容に沿った
     ダイアローグという会話分の二構成になっていて、リーディング、リスニング、
     スピーキング、文法、そして中級からはライティングもできるというものすごく
     充実した構成になっています。
     

     「話すためのリスニング」は、この「アメリカ口語教本」と学習の進め方が
     似ていますが、内容はより現代的です。
     CDも本にくっついていますのでお買い得です。
     ですが、口語教本のように発音からライティングまで網羅してくれている
     テキストではありません。
     上級用はビジネス英語が主体になっています。
     中級は色々な題材を幅広く取り扱っているのでお勧めです。
     値段を考えるとこちらのほうが教本よりお買い得かもしれませんが内容は
     だいぶ違います。本屋さんで中身を確認してから購入してください。
     ちなみに私は職場の上司が良いとおっしゃっていたのでアメリカ口語教本を
     使いましたが、さすがに良いテキストでした。
     入門から上級まで全部やって、その後「話すためのリスニング」中級を使いました。
     今でも話すときにテキストに出てきた例文を応用したりそっくり真似たりして
     使っています。 


   このほかに好きな教材を紹介します。

       ・Live from London  
       ・Live from NY
  これらはジャパンタイムズ社から。
  英語のイントネーションや、リズム、ノリなどを体で覚える、みたいな少し気楽な
  目的で使ってみると楽しい教材です。個人的にはロンドンの方が好きです。

 これでシャドーイングをするとなかなか楽しいです。

リーディング

 ★リーディングも必ず音とセットで。

素材を音読することが大切

音読を必ずしてください。また、CD付テキストを購入して必ずそれを活用。
 音声を聞くことで、どこからどこまでをひとつのまとまりとしてとらえているのかを
 把握することができます。平たく言うと、どこで息継ぎをしているかをチェック。
 音声を流しながら息継ぎの箇所をテキストに書き込んでいきます。
 自分で読むときもこの「まとまり」を意識します。
 なぜ「そのようにまとまっているのか」は、文法とつながっていきます。
 文法書を併用して、丁寧に勉強しましょう。

 訳を自分でするのも良い練習です。
 頭の中で考えるだけではなく、紙にきちんとした日本語で意味が通るように
 訳を書きましょう。


 ★要約のすすめ

  もう少し慣れたら、一度読み、音声を流し(逆でも良い)、本を閉じて要約します。
  要約は、日本語でも良いです。
  難しい英文を読む場合は特にこの練習を繰り返し行います。
  英文ライティングの練習をしたい人は要約をするときに英文で要約します。
  できれば、先生などにチェックをしてもらうと良いでしょう。
  
  教材

感動する英語(文藝春秋)
はCDもついていますし、良いと思います。名スピーチなどは、言葉選びもすばらしいものが多いですし、「良い」といわれて何十年も語り継がれているようなものはそれなりの価値があります。
◆21世紀に生きる君たちへ
  洪庵のたいまつ(朝日出版社)
この二つのエッセイは司馬遼太郎さんによるもので、この対訳本が発売されています。私が大好きな本で、英語を勉強している人や、学生へのプレゼントに使用しています。

このほかに、CD付の英語雑誌を購入したり、TOEICやTOEFLの教材もリーディング勉強には良いと思います。


Copyright(C)2003-2004. Fujita Kikaku Corporation. All Right Reserved.
webmaster : mailto info@fujitakikaku.co.jp