FUJITA-KIKAKU
トップページへ
トップページに戻る
私たちのしごと [HACCP]
地域の取り組み実績
パブリシティのご案内
会社概要の案内
藤田水産学博士の紹介
よくある質問と回答
資料請求フォーム
お問い合わせフォーム
おすすめリンク
GET FLASH PLAYER !
最新プラグインが必要
 
株式会社ヤマイシ、HACCP認定工場へ!

株式会社ヤマイシ

大日本水産会よりHACCP認定取得

認定を受けて、そして今後の発展へ期待

有限会社フジタ企画代表取締役・水産学博士藤田八束

社団法人大日本水産会により、平成20年10月6、7日の両日HACCP認証に関する審査を受けました。レベル1、最高評価での認証合格でした。これまでの努力、研鑽に対し、心よりお喜び申し上げます。申請品目を生産している全商品としたのは、安全な食品を提供したい、代表取締役社長石川社長の希望でもありました。伊藤部長、奥崎文一様を中心とした現場担当者との連携が、素晴らしい成果に結びついたと思います。HACCP方式で管理し、安全で美味しい食品を提供するためにはHACCP方式で管理するのではなく、HACCPシステムで管理するということです。商品を限定するのではなく、全商品の管理です。原料の生産される陸奥湾から始まり、消費者段階までの安全性の保証をどのようにするのか、安全な原材料の確保は大前提になります。どんなに衛生管理を徹底していても、持ち込まれる原料に問題があれば安全性の保証はできません。

私自身学校を卒業して一貫して衛生管理、品質管理に関係してきました。その間いろんな現場での問題に対応してきましたが、結論として、原料の問題が70%以上の確率でその原因を作っていると確信しています。講演のたびに購買担当者の教育の重要性を強調してきました。机に座って値段交渉をする姿のある会社は反映しない、問題の根源はここにある、これが私の持論でもあります。ですから、原料をどのように受け入れるか、どんな原料であれば自分らは責任を持てるか、この基準を作り実行し、確信を持てるようになるのに導入期間の半分以上は費やしたと思います。

「この地、青森の海で生きるには先ず自慢できるこのホタテなくしてありえない、この地青森でこれからも生きて行きたい」という、石川社長の経営指針に、私は感銘しています。この経営方針、今後の発展に、今回のHACCPシステムが一助になることを切に希望するものであります。伊藤部長、現場指導に当たった奥崎文一氏の指導力、まとめる力には感服しました。現場の改善も進み、管理表が完成されていくにつれて、現場担当者全員の協力が始まりました。目標を一つにしました。絶対に認証を取得したい、良い商品を安定して作りたい。結果として安全な商品を安心して売りたい、届けたいという気持ちの盛り上がりをこの私が感じることができました。また、青葉化成株式会社青森営業所水戸所長、佐藤君の協力、トータルサニテーショングループ平間係長の強いサポートはとても印象に残りました。こうして関係者が協力してそれぞれが持っている力を合わせて一つの目標に向かう姿は、この私にとって感動の光景でもありました。

目的かなってHACCP認証取得はあっぱれの感動でした。今後の株式会社ヤマイシ様のますますのご発展を心より、祈っています。

 

審査の進行とともに、核心に触れた真剣な討議が進んで行きました。安全に安心を、そして健康を添えて美味しい食品を届けるには自分たちはどうしたらいいのか。真剣そのものでした。

奥崎さん良く頑張りました。でもこの成果は社長の理解の下で、伊藤部長初めとした製造部全員の協力と能力なくしてはありえなかったと思います。絶対に忘れないようにしてください。今後ますますの期待がかかります。頑張って世界のヤマイシを目指して頑張って行きましょう。大いに期待しています。青葉化成の平間君も協力してくれました。心強いパートナーになりました。これからもよろしくお願いします。

力を合わせて、協力し合って・・・・そこにはいつもこれからも信頼の和で進んでいくんだ、きっと・・・シャッターを押す瞬間私は確信しましたよ。君たちに任せる、この笑顔、今夜は達成感を十分に味わってください。


帰りの飛行機から夕日の沈む岩木山と陸奥湾が綺麗に輝いていました。素敵な光景に会いました。

平成20年11月17日 藤田八束

前ページにもどる トップページへ

Copyright(C)2003-2004. Fujita Kikaku Corporation. All Right Reserved.
webmaster : mailto info@fujitakikaku.co.jp